• HOME
  • モデルコース(美しき花の島をゆく(自然と神話のコース))
美しき花の島をゆく(自然と神話のコース)

国生み神話の郷・淡路島。その根底には、人と自然との共生の理念が流れています。島の大自然を満喫しながら、先人達が抱いてきた自然に対する思いに、心を馳せてみてはいかがでしょうか? このコースには、日本最古の社とされる「伊弉諾神宮」やオノコロ島伝説のある「おのころ島神社」、世界三大潮流の一つである「鳴門海峡の渦潮」、花の大パノラマを楽しめる「あわじ花さじき」など、見所満載です!

① 淡路島国営明石海峡公園
5分
② 淡路夢舞台・奇跡の星の植物館
20分
③ あわじ花さじき
30分
④ 淡路市立香りの公園
5分
⑤ 伊弉諾神宮
20分
⑥ ウェルネスパーク五色
20分
⑦ おのころ島神社園
20分
⑧ うずしおドーム なないろ館

*モデルコースになりますので、滞在時間は含まれておりません。
*車での移動時間は目安です。

① 淡路島国営明石海峡公園
淡路島国営明石海峡公園
立体的にデザインされた日本最大級の花壇が見どころ 平成12年に開催された「淡路花博ジャパンフローラ」の会場でもあり、チューリップ、ユリ、アジサイ、コスモスなど、年間を通して四季折々多くの花々をご覧いただけます。春や春には地域とあわせたイベントも催され、特に春のチューリップやムスカリなどの球根植物が織り成す一面の花壇は圧巻です。大規模花壇だけでなく、他では見ることの出来ない珍しい花が傍に咲く散策路など、様々な形で花をお楽しみいただけます。
② 奇跡の星の植物館・淡路夢舞台
奇跡の星の植物館・淡路夢舞台
奇跡の星の植物館は6700平方メートルの規模を誇る日本最大級の温室。二つの直方体をクロスさせた形の植物館は「自然と人間の共生」をテーマに、植物の形、色、香りに焦点をあてたユニークなディスプレーで植物のすばらしさを五感に訴える「五感軸」と、和・洋の庭やアトリウム空間といった花と緑のある暮らしを提案する「共生軸」で構成されています。  樹齢300年を超えるアロエ・ディコトマやダシリリオンなど、約3000種類以上の珍しい植物はもちろん、1000~を超えるフラワーショースペースでは年7回フラワーショーを開催。洋の庭や伝統的かつモダンな和の庭等のおしゃれな空間はガーデンアイディアにあふれています。また、花だけでなく「水、光、音楽」で演出された空間では、ゴールデンウィークやクリスマスにはオペラやミュージカルを開催。花と緑とともに生きること、地球に生きることのすばらしさを実感できる「花と緑の感動創造実験型植物館」です。
③ あわじ花さじき
あわじ花さじき
あわじ花さじきは、淡路島北部の丘陵地域の頂上部に位置し、大阪湾に面したなだらかな高原には季節の花々が美しく咲き誇ります。明石海峡・大阪湾を背景に、約16ヘクタール(甲子園球場の4倍)の広大な花のパノラマが広がる光景は、淡路島の豊かさを代表しているようにも思えます。
④ 淡路市立香りの公園
淡路市立香りの公園
香りの公園は、見るだけではなくハーブや花・樹木の香りを楽しめる公園です。園内には、さまざまなハーブ約100種や芳香樹木37種が栽培されています。ラベンダー、ローズマリーなど多くのハーブが花を咲かせる4~6月が見頃で、散策を楽しみながら、自然の優しい香りを満喫できます。
⑤ 伊弉諾神宮
伊弉諾神宮
国生みの大業を果たされた伊弉諾尊(イザナギ)と伊弉冉尊(イザナミ)の二柱をお祀りする神社。古事記・日本書紀の神代巻に創祀の記載がある最古の神社で、淡路国一宮として古代から全国の崇敬を集めています。延喜式名神大社、三代実録神格一品、旧官幣大社で兵庫県唯一の「神宮号」を宣下された神社です。
⑥ ウェルネスパーク五色
ウェルネスパーク五色
ウェルネスパーク五色は、司馬遼太郎の「菜の花の沖」の主人公でもある、洲本市五色町出身で江戸時代の豪商・高田屋嘉兵衛の功績を記念した公園で、様々な施設がそろう総合公園でもあります。嘉兵衛の功績を紹介する高田屋顕彰館をはじめ、テニスやフットサルなど多目的に使える「GOGOドーム」やアスレチック、「五色温泉ゆ~ゆ~ファイブ」、公共の宿「浜千鳥」などがあり、園内では体験農園や陶芸、そば打ちなど年間を通して様々な体験ができます。 公園の一画には、高田屋嘉兵衛の埋葬地があります。周辺には高田屋嘉兵衛翁記念館、農産物直売所「菜の花農園」があり、春には周辺一帯に菜の花が咲き乱れます。
⑦ おのころ島神社
おのころ神社
日本発祥「おのころ島」伝承地の一つ おのころ島神社は、かつて入江に囲まれていたという島の上に鎮座し、イザナギ・イザナミの二神が日本の国生みをなされた「おのころ島」と伝えられている場所に祀られた神社で、日本三大鳥居にあげられる朱塗の大鳥居が島全体を護るように建っています。
⑧ うずしおドーム なないろ館
うずしおドーム なないろ館
うずしおドームなないろ館
円形の屋根が特徴的な、南あわじ市の総合観光施設。うず潮観潮船の咸臨丸と屋形舟の発着場になっているのをはじめ、観光案内所や食事処を併設しています。1階には、観潮船のチケット売場や、地元特産のワカメなどを販売する店があります。4階には展望台が設けられ、福良湾を一望することができます。

福良港
古くから徳島との往来で栄えた港で、現在も新鮮な鳴門の海の味を堪能できます。港では海産物などの物産品を購入できるほか、観潮船「咸臨丸」「日本丸」が出迎えてくれます。うずしおの見ごろは3~4月の大潮の時期で、約1時間のクルージングが楽しめます。漁港では毎月第4日曜日に「うずしお朝市」が開かれ、気さくな漁師町の人々と交流しながら、新鮮な魚介類を味わったり購入したりできます。
ページの先頭へ