• HOME
  • モデルコース(淡路島(北)→ 淡路島(南)方面へ Part1)
淡路島(北)→ 淡路島(南)方面へ Part1

① 淡路島国営明石海峡公園
5分
② 奇跡の星の植物館・淡路夢舞台
15分
③ 吹き戻しの里
30分
④ 淡路ワールドパークONOKORO
泊
⑤ 洲本市民広場
20分
⑥ 淡路ファームパーク イングランドの丘
10分
⑦ おのころ島神社
20分
⑧ うずしおドームなないろ館
15分
⑨ 道の駅うずしお

*モデルコースになりますので、滞在時間は含まれておりません。
*車での移動時間は目安です。

① 淡路島国営明石海峡公園
淡路島国営明石海峡公園
立体的にデザインされた日本最大級の花壇が見どころ 平成12年に開催された「淡路花博ジャパンフローラ」の会場でもあり、チューリップ、ユリ、アジサイ、コスモスなど、年間を通して四季折々多くの花々をご覧いただけます。春や秋には地域とあわせたイベントも催され、春はチューリップ、秋はコスモスが織り成す一面の花壇は圧巻です。大規模花壇だけでなく、他では見ることの出来ない珍しい花が傍に咲く散策路など、様々な形で花をお楽しみいただけます。
② 奇跡の星の植物館・淡路夢舞台
奇跡の星の植物館・淡路夢舞台
奇跡の星の植物館は6700平方メートルの規模を誇る日本最大級の温室。二つの直方体をクロスさせた形の植物館は「自然と人間の共生」をテーマに、植物の形、色、香りに焦点をあてたユニークなディスプレーで植物のすばらしさを五感に訴える「五感軸」と、和・洋の庭やアトリウム空間といった花と緑のある暮らしを提案する「共生軸」で構成されています。  樹齢300年を超えるアロエ・ディコトマやダシリリオンなど、約3000種類以上の珍しい植物はもちろん、1000~を超えるフラワーショースペースでは年7回フラワーショーを開催。洋の庭や伝統的かつモダンな和の庭等のおしゃれな空間はガーデンアイディアにあふれています。また、花だけでなく「水、光、音楽」で演出された空間では、ゴールデンウィークやクリスマスにはオペラやミュージカルを開催。花と緑とともに生きること、地球に生きることのすばらしさを実感できる「花と緑の感動創造実験型植物館」です。
③ 吹き戻しの里
吹き戻しの里
昔なつかしい吹き戻しを昭和35年頃から製作している工場で、吹き戻しの日本シェア90%を誇ります。工場ではスタッフの指導のもと、気軽に吹き戻し作りの体験ができ、自分で作った作品は持ち帰ることができます。
④ 淡路ワールドパークONOKORO
淡路ワールドパークONOKORO
淡路島最大の遊園地がリニューアルオープン、好評のミニチュアワールド、コースを延長したゴーカートコース、新設の芝滑り、その他クラフト体験教室など子供から大人までのんびりと楽しめる施設です。
⑤ 洲本市民広場
洲本市民広場
洲本市民広場(すもとしみんひろば)は兵庫県洲本市にある都市公園。洲本市新都心ゾーンの中核を成す公園施設である。園内には近代日本における有数の紡績工場であり近代化産業遺産に認定される旧鐘紡(現:クラシエホールディングス)洲本工場の赤レンガ建築群が遺され、図書館やレストラン施設として再生されています。
⑥ 淡路ファームパークイングランドの丘
淡路ファームパークイングランドの丘
イギリスの田園風景をイメージしたテーマパークで、広大な敷地の中で農業・酪農体験やクラフト体験などができます。コアラ館では、オーストラリアから来たコアラたちに出会えます。
⑦ おのころ島神社
おのころ神社
日本発祥「おのころ島」伝承地の一つ おのころ島神社は、かつて入江に囲まれていたという島の上に鎮座し、イザナギ・イザナミの二神が日本の国生みをなされた「おのころ島」と伝えられている場所に祀られた神社で、日本三大鳥居にあげられる朱塗の大鳥居が島全体を護るように建っています。
⑧ うずしおドーム なないろ館
うずしおドーム なないろ館
円形の屋根が特徴的な南あわじ市の総合観光施設です。うず潮観潮船の発着場となっているのをはじめ、観光案内所や食事処を併設しています。近隣には五百年の伝統芸能を誇る国指定重要無形民俗文化財 人形浄瑠璃を上演する「淡路人形浄瑠璃館」や足湯「うずの湯」等があります。

藤をはじめ、桜やサザンカ、チューリップ、パンジー、ポーチュラカ、マリーゴールド、ジニアなどが植えられ、年間を通じて季節ごとに違った花でもてなしています。
⑨ 道の駅うずしお
道の駅うずしお
鳴門海峡を一望する岬に位置しており、大鳴門橋の下に現れるうずしおを眺望することができます。干潮差の激しい時には潮流の音も聞こえます。夕暮れ時には、瀬戸内海に沈む雄大な夕日が見られる夕景の名所としても知られています。道の駅では淡路島・徳島の名産品が購入できます。
ページの先頭へ