• HOME
  • モデルコース(くにうみ浪漫コース(2日コース))
くにうみ浪漫コース(2日コース)

国生み神話の歴史に彩られ、日本最古の歴史書である「古事記」「日本書紀」には、大八州(おおやしま)で最初に生まれた島であるとされる淡路島。ここには、日本最古の社とされる伊弉諾神宮をはじめ、オノコロ島伝承の残る「沼島」、「絵島」、「おのころ島神社」など、神話の浪漫漂う場所が盛り沢山!さぁ、時の扉を開き、過去との繋がりを求める旅へ出発しましょう!

① 岩楠神社
3分
② 絵島
15分
③ あわじ花さじき
30分
④ 伊弉諾神宮
泊
⑤ おのころ島神社
車30分 船10分
⑥ 沼島

*モデルコースになりますので、滞在時間は含まれておりません。
*車での移動時間は目安です。

① 岩楠神社
岩楠神社
淡路島の北端、岩屋港の向かいの恵美須神社奥、岩屋城跡がある城山の崖下の洞窟に祀られた神社。御祭神はイザナギ・イザナミの二柱の神と、その間に最初に生まれた、蛭児命(ひるこのみこと)。地元では、この洞窟はイザナギ尊のかくれられた幽宮(かくりのみや)であるとも伝えられています。
② 絵島
絵島
国生み神話に伝わる「オノコロ島」だとされる場所の一つ。古来より、和歌を詠む名所として名高く、西行法師は、「千鳥なく 絵島の浦に すむ月を 波にうつして 見るこよいかな」(山家集)という歌を詠みました。夜間には島全体がライトアップされます。
③ あわじ花さじき
あわじ花さじき
あわじ花さじきは、淡路島北部の丘陵地域の頂上部に位置し、大阪湾に面したなだらかな高原には季節の花々が美しく咲き誇ります。明石海峡・大阪湾を背景に、約16ヘクタール(甲子園球場の4倍)の広大な花のパノラマが広がる光景は、淡路島の豊かさを代表しているようにも思えます。
④ 伊弉諾神宮
伊弉諾神宮
国生みの大業を果たされた伊弉諾尊(イザナギ)と伊弉冉尊(イザナミ)の二柱をお祀りする神社。古事記・日本書紀の神代巻に創祀の記載がある最古の神社で、淡路国一宮として古代から全国の崇敬を集めています。延喜式名神大社、三代実録神格一品、旧官幣大社で兵庫県唯一の「神宮号」を宣下された神社です。
⑤ おのころ島神社
おのころ神社
日本発祥「おのころ島」伝承地の一つ おのころ島神社は、かつて入江に囲まれていたという島の上に鎮座し、イザナギ・イザナミの二神が日本の国生みをなされた「おのころ島」と伝えられている場所に祀られた神社で、日本三大鳥居にあげられる朱塗の大鳥居が島全体を護るように建っています。
⑥ 沼島
沼島
勾玉の形をした国生み神話ゆかりの島 沼島(ぬしま)は、南あわじ市灘の沖4.6キロに位置する離島で、灘(なだ)の土生港(はぶこう)からの沼島汽船によって結ばれています。はるか昔、神々がつくり出した最初の島「おのころ島」だという伝説が残り、今もなお自然のままの姿を残し、知られざる海の楽園として、訪れる人を魅了しています。
ページの先頭へ