• HOME
  • モデルコース:美しき花の島をゆく(自然と神話のコース)
2

美しき花の島をゆく(自然と神話のコース)

“国生み神話”の島・淡路島。その根底には、人と自然との共生の理念が流れています。島の大自然を満喫しながら、先人達が抱いてきた自然に対する思いに、心を馳せてみてはいかがでしょうか? このコースには、日本最古の社とされる「伊弉諾神宮」やオノコロ島伝説のある「おのころ島神社」、花の大パノラマを楽しめる「県立公園あわじ花さじき」など、見所満載です!

① 淡路島国営明石海峡公園
車で5分
② 淡路夢舞台・あわじグリーン館
車で20分
③ 県立公園あわじ花さじき
車で30分
④ パルシェ香りの館
車で10分
⑤ 淡路市立香りの公園
車で5分
⑥ 伊弉諾神宮
車で20分
⑦ ウェルネスパーク五色
車で20分
⑧ おのころ島神社
車で30分
⑨ 洲本市民広場

*モデルコースになりますので、滞在時間は含まれておりません。
*車での移動時間は目安です。

① 淡路島国営明石海峡公園
淡路島国営明石海峡公園
ジャパンフローラ2000の会場にもなった国営公園。空と海のパノラマが広がる園内は、季節の草花や木々によって景観を多彩に変化させる。特に春のチューリップやムスカリなどの球根大花壇は関西最大級で見応えあり。年間を通して季節毎に多彩で楽しいイベントを開催。芝生広場にある大型複合遊具「夢っこランド」は風・水・花をテーマとした150もの遊具がつながる、子どもたちに大人気のスポット。
② 淡路夢舞台・あわじグリーン館
淡路夢舞台・あわじグリーン館
【淡路夢舞台】土砂採掘地から、花と緑で再生された快適空間。植物館やホテル、レストラン&ショップなど建築家・安藤忠雄氏グランドデザインによる複合リゾート施設。
【あわじグリーン館】日本最大級の広さを誇る淡路夢舞台温室が、二〇二一年九月、「あわじグリーン館」としてリニュウアルされました。
③ 県立公園あわじ花さじき
県立公園あわじ花さじき
春には菜の花、夏にはクレオメや三尺バーベナ、秋にはサルビアやコスモスの花が咲き、大阪湾まで見渡せる広大な斜面を覆い尽くす。さまざまな草花が植えられた花壇では、季節ごとに異なった花が咲き、訪れる度に新鮮な表情を見せてくれる。また園内には、レストランや農産物の直売所も設置されている。
④ パルシェ香りの館
パルシェ香りの館
日本一のお香の生産地、淡路市にある香りのテーマパーク。ハーブ園がリニューアルし、それぞれのテーマ毎に栽培された約100種類のハーブを楽しむことができる大農園では、ラベンダーなど四季のハーブや草花が一面に咲き、摘み取り体験も楽しめる。
⑤ 淡路市立香りの公園
淡路市立香りの公園
香りをテーマにした公園で、ミントやローズマリーなど約60種類のハーブと、クチナシやキンモクセイなど約50種類の芳香樹木が園内いっぱいに植えられている。ハーブガーデン、香りのプロムナード、梅・桜園などを巡る楽しい工夫もあり、その芳しい香りを嗅ぎながらゆっくりと散策すれば身も心もリフレッシュ。
⑥ 伊弉諾神宮
伊弉諾神宮
国生みの大業を果たされた伊弉諾尊(イザナギノミコト)と伊弉冉尊(イザナミノミコト)の二柱をお祀りする神宮。古事記・日本書紀の神代巻に創祀の記載がある最古の神宮で、淡路国一宮として古代から全国の崇敬を集めています。延喜式名神大社、三代実録神格一品、旧官幣大社で兵庫県唯一の「神宮号」を宣下されています。
⑦ ウェルネスパーク五色
ウェルネスパーク五色
五色町出身の豪商で、小説『菜の花の沖』の主人公でもある高田屋嘉兵衛を紹介する資料館やアウトドア施設、温泉・宿泊施設などからなる複合リゾート。2月中旬頃からウメが咲き始め、3月になると黄色いナノハナが園内外で咲き、ゆっくりやってくる春を体感できる。
⑧ おのころ島神社
おのころ神社
日本発祥「おのころ島」伝承地の一つ おのころ島神社は、かつて入江に囲まれていたという島の上に鎮座し、イザナギノミコト・イザナミノミコトの二神が日本の国生みをなされた「おのころ島」と伝えられている場所に祀られた神社で、日本三大鳥居にあげられる朱塗の大鳥居が島全体を護るように建っています。
⑤ 洲本市民広場
洲本市民広場
市民のやすらぎ・交流の場である市民広場。この広場では洲本市と姉妹都市提携をしている北海道新ひだか町(旧静内町)との友好の証に「静内の庭」を設けエゾヤマザクラ(新ひだか町の木)などが植樹されています。広場には淡路花博2015花みどりフェアの開催に合わせて桂文枝さんによって植えられたナンジャモンジャ(ヒトツバタゴ)の木があります。