• HOME
  • モデルコース:くにうみ浪漫コース(2日コース)

1くにうみ浪漫コース(2日コース)

国生み神話の歴史に彩られ、日本最古の歴史書である「古事記」「日本書紀」には、大八州(おおやしま)で最初に生まれた島であるとされる淡路島。ここには、日本最古の社とされる伊弉諾神宮をはじめ、オノコロ島伝承の残る「沼島」、「絵島」、「おのころ島神社」など、神話の浪漫漂う場所が盛り沢山!さぁ、時の扉を開き、過去との繋がりを求める旅へ出発しましょう!

① 岩樟神社
車で3分
② 絵島
車で15分
③ 県立公園あわじ花さじき
車で30分
④ 伊弉諾神宮
宿泊
⑤ おのころ島神社
車で30分、船で10分
⑥ 沼島

*モデルコースになりますので、滞在時間は含まれておりません。
*車での移動時間は目安です。

① 岩樟神社
岩樟神社
淡路島の北端、岩屋港の向かいの恵美須神社奥、岩屋城跡がある城山の崖下の洞窟に祀られた神社。御祭神はイザナギノミコト・イザナミノミコトの二柱の神と、その間に最初に生まれた、蛭児命(ひるこのみこと)。地元では、この洞窟はイザナギノミコトのかくれられた幽宮(かくりのみや)であるとも伝えられています。
② 絵島
絵島
国生み神話に伝わる「オノコロ島」だとされる場所の一つ。古来より、和歌を詠む名所として名高く、西行法師は、「千鳥なく 絵島の浦に すむ月を 波にうつして 見るこよいかな」(山家集)という歌を詠みました。夜間には島全体がライトアップされます。
③ 県立公園あわじ花さじき
県立公園あわじ花さじき
春には菜の花、夏にはクレオメや三尺バーベナ、秋にはサルビアやコスモスの花が咲き、大阪湾まで見渡せる広大な斜面を覆い尽くす。さまざまな草花が植えられた花壇では、季節ごとに異なった花が咲き、訪れる度に新鮮な表情を見せてくれる。また園内には、レストランや農産物の直売所も設置されている。
④ 伊弉諾神宮
伊弉諾神宮
古事記や日本書紀の冒頭に国生みの夫婦神として登場する男神・伊弉諾尊(いざなぎのみこと)と女神・伊弉冉尊(いざなみのみこと)を祀る県内唯一の神宮。延喜式神名帳では「名神大社」、明治時代には官幣大社の格式を与えられ、日之少宮(ひのわかみや)とも呼ばれる。御子神・天照大御神を祀る伊勢の神宮と同緯度(北緯三四度二七分二三秒)で、両宮の中間に飛鳥藤原京が位置する。夏至には諏訪から出雲へ、冬至には熊野那智から高千穂へ太陽が運行する位置にあり、神代のロマンを感じさせる。境内には樹齢約900年の「夫婦大楠」など照葉樹林が繁茂し、森厳で幽玄な雰囲気が漂っている。
⑤ おのころ島神社
おのころ神社
古事記に登場する国生み神話の「おのころ島」と伝承される丘の上にイザナギ尊・イザナミ尊の二神を祀る神社。日本三大鳥居のひとつである高さ21.7mの大鳥居が建っており、近年、縁結びの神社として注目をあびている。境内を少し歩くと、神話の息づく神社と、咲き誇る赤や白のサザンカが歴史ロマンの世界へと誘う。
⑥ 沼島
沼島
勾玉の形をした国生み神話ゆかりの島 沼島(ぬしま)は、南あわじ市灘の沖4.6キロに位置する離島で、灘(なだ)の土生港(はぶこう)からの沼島汽船によって結ばれています。はるか昔、神々がつくり出した最初の島「おのころ島」だという伝説が残り、今もなお自然のままの姿を残し、知られざる海の楽園として、訪れる人を魅了しています。
ページの先頭へ